利尻ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは乾いた髪に染めた方が効果あり?

乾いた髪の染め方コツ

現在メインで使っているのが利尻ヘアカラーなんですが、以前に「私の使い方」と題して、使い方のコツみたいなものを紹介しました。

フツコ
けっこう反響あったのよね♪

はい。うれしいことに、お問合せより何件がご質問をいただいたんですが、その中で、私は乾いた髪で染めてますというご意見が寄せられました。

たしかに、使用説明書にも乾いた髪での染め方も紹介されてます。そこで、ここでは乾いた髪で染めるときのポイントを紹介していきます!

利尻ヘアカラーの使い方は2種類ある!

利尻ヘアカラー 使用説明書

白髪を染める前に、髪を濡らすか、乾いた状態で白髪を染めるか、人によって使い方が分かれるところです。

というのも、利尻の使用説明書には濡らした場合乾いた場合の二パターンの説明がされているんですよね。

利尻ヘアカラーの使い方

髪を濡らすか、乾かすべきかは好みの問題。それぞれにメリット・デメリットがあるし、髪質は十人十色なので好きな方で染めればいいんです。

フツコ
私はお風呂場でササっと染めたいから髪は濡らす派ね

ちなみに、利尻ヘアカラーの使用説明書はドラッグストアなどのお店の購入には付いてきません。公式サイトからの購入時のみの特典の一つです。

編集部一言

使用説明書がもれなく付いてくる公式サイトからの購入がおすすめ

乾いた髪染めのメリット・デメリット

髪を乾いた状態で染めていく場合、メリットだけでなくデメリットもあります。とくにデメリットを押さえておきたいところです。

というのも、デメリットを改善することでよりキレイに仕上がる上に、染料の白髪の定着もよくなるからです。

部屋染めメリット
  • 染まりが比較的いい
  • 色ムラが出にくい
部屋染めデメリット
  • 染める前の準備が大変
  • 放置時間が長い
  • 手についた染料が落ちにくい

部屋で染める場合は、染料の垂れや飛び散りに注意する必要がありますし、髪を濡らす場合に比べて放置時間が長いのも気になります。

利尻ヘアカラー染め手順

上の写真を見てほしんですが、浴室染め(髪を濡らす)場合と室内染め(髪を濡らさない)とで、放置時間が10分以上も違うのが分かりますよね。

染めなおすことを考えると、この放置時間の長さが面倒に感じてしまうんですよね。そのため、こうしたデメリットの克服が重要です!

乾いた髪の染め方のコツ

乾いた髪の染め手順

そこで、乾いた髪の染め方のポイントを紹介。この方法は使用説明書には載ってない、私の実体験によるポイントになります。

ポイント①

手染めはNG!

手染めは基本NGです。染めた後の手は当然染料まみれ!浴室にいくまでに、壁やドアノブに染料がついていることもあります。

床や壁についた染料は落とすのが大変です。浴室なら水気があるので簡単に落とせますが、部屋染めの場合はそうはいきません。

白髪染め専用コーム

コームで手をなるべく汚さないようにします。ちなみに、手についてしまった染料は落ちにくく、後片づけに意外と手間取ります。

ポイント②

髪を乾かす場合も浴室で染める

髪を濡らさない場合でも、白髪染めをするときは浴室で染めるのが結局はいちばんラクチンです。万が一床に染料が落ちても水ですぐに流せます。

部屋で染めるときのように、床に新聞紙を敷いたり洋服に垂れないように気をつける心配もない。放置時間がながくても湯舟でゆっくり時間が待てる。

フツコ
いいことずくめね

浴室の湿度が気になるという人もいるかもしれませんが、換気するなどすれば問題ありません。浴室での白髪染めをぜひお試しあれ。

ポイント①

秘儀!ドライアー作戦

乾いた髪の染め方コツ

染料は熱によって染まりやすくなるので、これを利用します。放置時間のときドライヤーを当てることで染まりがよくなります。

部屋染めは放置時間が長いのがデメリットですが、ドライアーを使うことで色の定着がよくなるだけでなく、時短にもなります。

浴室ならキャップ着長

ポイント②で紹介した浴室で染めるのなら、キャップをかぶるのもおすすめ。色の定着をよくするためにこうしたアイテムが販売されています。

ヘアキャップ

カラーリング用ですが、白髪染めも同様の効果が期待できます。公式サイトでも販売してますが、アマゾンで買った方が安い。

乾いた髪で染めるときのポイントまとめ

  • 手染めはNG
  • 染めるなら浴室
  • ドライヤーで時短

ここまで3つのポイントを紹介してきましたが、結局、浴室で染めるのが一番ラクだし面倒がらずに続けることができると思います。

ヘアカラートリートメントは月に数回の染めなおしが必要になります。利尻ヘアカラーは人気商品だけあり染料の定着はすごくいいです。

とはいえ、週単位での染めなおしを考えると、どの方法が染まりやすいかよりも、どの方法がラクして続けられるかの方が実は重要なんですよね。

フツコ
髪を濡らす・濡らさないにしても浴室で染めるのがおすすめってことね

© 2020 ビタコミ